第52回なにわ芸術祭「全日本洋舞協会合同公演」開催報告

全日本洋舞協会北と南のダンスフェスティバル
北に舞う Ⅲ 合同公演 開催報告

開催内容

内 容
 全日本洋舞協会北と南のダンスフ工スティパル
 北に舞うⅢ合同公演 ~至上の空間をめざして~
 〈全日本洋舞協会北海道ブロック〉

開催日時
 2015年9月23日(水)

会 場
 北海道立道民活動センター かでる2・7ホール
 札幌市中央区北2条西7丁目 TEL011 -204-5100

主 催
 全日本洋舞協会北海道ブロック公演実行委員会

助 成
 伊藤組100年記念基金

後援
 北海道・北海道教育委員会・札幌市・札幌市教育委員会・北海道新聞社・HTB北海道テレビ放送

スタッフ
舞台監督/斉藤玲(御影) 照明/宮崎貴弘(アクトコール) 音響/三好満治(ほりぞんとあーと)

ごあいさつ

合同公演「北に舞う皿」によせて…

全日本洋舞協会会長(パリ在住)
黒井 治

 本日は、全日本洋舞協会の北海道ブロックの合同公演に際し、協会を代表いたしましてご挨拶を申し上げます。
 今年は、バレエ「パリの喜び」上演を含めた合同公演を大阪で6月に開催しましたが、今回北海道ブロックがイニシアティヴを取り、自由作品を創作・発表する公演を企画してくれました。そして道外からの参加団体をも含め、会員振付家・ダンサーが日頃の切磋琢磨の成果を再び舞台で表現できる良い機会となりました。
 今回新たに「コンペティション部門」が新設され、その上「自由作品部門」共に年齢上限無しという新新なルールで、舞台上のダンサーは芸術性で勝負、激戦が期待されます。
 出演者各人がパーソナリティーを活かし、エネルギーを最大限に発散させ、北海道の雄大な大地・自然を彷彿とさせるような躍動の踊るこころ・感動の時間をご一緒にお楽しみ下さい。舞台芸術の魅力である舞台と観客のダイレクトなコミュニケーションが持てることを祈りつつ、様々なスタイルが乱立する昨今のダンスの現状において、未来の方向性を共に思考する舞台になることを願ってやみません。
 最後に、この公演の開催にあたりご協力・ご協賛頂いた関係者の皆様に深く感謝しお礼を申し上げながら、今後も当協会の活動に多くの方々のご声援・ご協力を賜りますよう心からお願い申し上げます。

御礼のことば

全日本洋舞協会第3回北海道ブロック公演実行委員長
坂見和子

 本日はご多忙のところ、ご来場いただき誠に有難うございました。出演者一同心より感謝申し上げます。
5 年の歳月を経て、第三回全日本洋舞協会北海道ブロック合同公演「北に舞うⅢ」 ~至上の空間をめざして~が開催される運びとなりました。
 全日本洋舞協会のテーマである「地域とジャンルを超えたダンスの交流を目指して研鑽を」をもとに、大阪・静岡・山梨の道外5団体、道内9団体、計14団体の参加が得られましたことに感謝致します。
 今回は、年齢の枠を超えたコンペティション部門と自由参加作品部門を設け、参加者が自由闊達に高度なパフォーマンスを繰り広げられる舞台となることを期待します。
 また、この度の全日本洋舞協会の舞台を通し、今後とも地域文化芸術向上の一端を担うことが出来ればと願っております。
 最後になりましたが、ご後援、ご協賛頂きました関係者の皆様、そして今日まで準備にご努力頂いた実行委員の皆様に対し、心より厚く御礼申し上げます。誠に有難うございました。

TOPICS 2016.09.03 全日本洋舞協会北と南のダンスフェスティバル 北に舞う Ⅲ 合同公演 開催報告

PAGE TOP